サンコートラベル

川越観光のメインストリートは蔵造りの通りです

川越は古い城下町であり、歴史的建造物を残す、関東で屈指の観光スポットとして知られています。JR、東武東上線、西武新宿線の駅はそれぞれ隣接しており、そこから駅前の中央通りを北に徒歩15分ほどの場所に、有名な蔵造りの通りがあります。レトロな街並みは美しく、状態よく保存されており、景観を楽しみながら散策することができます。

 

立ち並ぶ蔵の中の1軒が蔵造り資料館となっています。ここと本丸御殿、市立美術館の共通入場券を購入でき、ガイドマップも揃っています。資料館の近くに、街のシンボルである時の鐘があります。木造の塔は、川越藩から続く街の歴史をダイレクトに感じさせます。6時間ごとに時を告げる鐘が鳴らされます。蔵造りの街の中心となるのが大沢家住宅で、川越最古の蔵造りの家屋です。呉服店を営んでいた近江屋半右衛門が1792年(寛政4年)に建てたもので、国の重要文化財に指定されています。亀屋、雪塚稲荷などを含む蔵造りの街並みは、さながら時代劇の舞台で、タイムスリップしたような感覚を堪能できます。

 

レトロな洋館もあり、しっくりと街並みに馴染んでいます。埼玉りそな銀行川越支店は大正7年に建てられており、景観を考慮して銀行の看板は建物の裏に設置しています。山崎美術館や嵐山美術館、川越まつり会館などにもぜひ立ち寄りましょう。この蔵造りの通りをメインストリートとして、その他の観光スポットに行くことができます。路地も味わい深く、おしゃれな喫茶店やレストランなどが数々あります。


母子家庭

母子家庭を徹底サポートするお役立ち情報サイトです。
www.bosikatei.info/