サンコートラベル

川越は数多くの映画やドラマの舞台になっています

川越は歴史的な景観を今に残す街として、数多くの映画やドラマの撮影に使われています。代表的なのは日本テレビの時代劇ドラマ「水戸黄門」シリーズで、数回登場しています。また、三國連太郎主演で大ヒットした映画「無法松の一生」でも、ロケ地として使われました。昭和38年(1963年)に公開されたこの映画では、幸町のりそな銀行裏の通りや織物市場、第一小学校などでロケが行われたことで全市で話題となりました。この映画のいくつかのシーンはカラオケの映像としても使用されており、「度胸千両入り」という曲のカラオケで観ることができます。

 

また、映画やテレビドラマで大きなブームを巻き起こした「ウォーターボーイズ」は、埼玉県立川越高校の水泳部が行う男子のシンクロチームをモデルとしており、このチームが1988年以降、文化祭の演目として披露しているシンクロ公演を映画において再現しています。同校水泳部を取り扱ったドキュメンタリー番組を観たプロデューサーが、映画化を決めたと言われています。 2009年のNHKの朝のドラマ「つばさ」は市内の和菓子店を舞台にしています。川越の街並みをキャストたちが駆け回る楽しいドラマで、和菓子の名店の多い川越らしさが出ている作品として、今も地元の人たちに愛されています。

 

テレビドラマの「JN-仁-」には実在する藩主の松平直克などが登場し、実際の撮影も市内で行われています。ライトノベルの人気作品「ソードアート・オンライン」にも川越は登場し、若い読者にも名前は浸透しています。


行政書士

行政書士に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.gyouseisyoshi.info/